読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65.あと一歩、もう一歩、もう一本

今日の朝礼での第一声。『おはようございます』の『お』の所で声が裏返ってしまいました。

昨日の応援のお土産で、今日は喉の調子がイマイチ。誰かがつっこんでくれたり、笑ったりしてくれれば救われるのですが、シーン、ぽつーん。メイの有り難さがわかります。

昨日の県大会。応援は何人いたのだろうか。50人くらいかな。もっとか。お父さんお母さん、先日の合宿で一肌脱いでくれた中学3年のOB達。メイまでもボンボンを持って応援してました。

昨日はスタンドだったので、上段の方が試合を見やすいと思って、後ろの方に陣取ったのですが、お父さん達に『どうぞ、どうぞ』『どうぞ、どうぞ』って言われ、気がつくと最前列。定位置にて応援。

今年のファイヤーズの目標の1つ、県大会での1勝。この試合が、最初で最後のチャンス。何が何でも達成させてやりたい。

下馬評から言えば相手の方が格上。相手が強かろうが、自分たちの野球をするだけ。いつも通りのプレーができるかがカギ。

一昨日のブログにも書きましたが、こういうチームを相手に勝つためには、まずは先取点。どんな形であろうとも先制点が必要なんです。

なので初回から応援MAX。いや、試合前ノックからテンション上がってました。

ファイヤーズの先攻で試合開始。

先発のリンくんが低めを丁寧について、打たせてとる見事な投球。守備からいいリズムを作っていきます。

昨日は、攻める守備ができいました。守備だけど攻めてたんです。

序盤の6-4-3のダブルプレー。見事なゲッツーでした。小学生ですよ。このプレーを見たときは、今日はもう勝ったって思うくらいの勢いでした。

みーくんもいいプレーがありました。盗塁も刺したし、飛び出した一塁ランナーも刺しました。

レフトのリュウセイのファインプレーの時には、お父さんとハイタッチ。

中盤には、相手の3・4・5番のクリーンアップを3者凡退に。

こうやって守備で作ったいいリズム。いい波がファイヤーズに流れてきます。再三チャンスを作るも、あと1本が出ません。

エラーやミスもありました。四球でランナーも出しましたが、次のプレーで誰かが止める。いい流れができてました。

数ヶ月前には、エラーがエラーを呼ぶ悪循環な試合もありました。その時とはまるで別のチーム。見違えて良くなってます。

リンくんの我慢のピッチングが続きます。

0-0のまま最終回の7回裏。
2アウト二塁からのレフト前ヒットで1点を取られてサヨナラ負け。先取点が決勝点となりました。

ホントに紙一重。ホントにあと一歩。ホントに惜しい。ホントに悔しい結末。

でも、最高の試合でした。感動をありがとう。こんないい試合を見せてくれてありがとう。目標達成と言ってもいいくらいの試合内容でした。

試合直後、みーくんのお父さんが悔しいって泣いてました。もらい泣きしそうになりました。実は試合中にも泣きそうな場面がありました。

が、我慢しました。私の涙はタカトの時代までとっておきたい。変なこだわり。

ファイヤーズが負けたこのチーム。今日の準決・決勝を制して優勝したそうです。それを聞いて、悔しさが増しました。

この試合を見てタカトはどう思ったのだろうか?
あまり話しができないまま愛知に戻ってしまったから。

試合後に監督が言ってたけど、これで終わりじゃないから、まだ試合はあるから。昨日のような試合ができるなら、きっと残る試合は全勝できると思う。
そして宴じゃ〜。

P.S.
みーくんへ。
ホントにいいキャッチャーになったな。数ヶ月前とは比べ物にならないくらいの成長ぶり。自信を持っていいよ。でも天狗になったらダメ。

もともと素質はあったんだよ。何が変わったと思う?1番は、周りが見えるようになった事、チームが見えるようになった事。
昨日の試合で、みーくんがタイムをとり、内野手をマウンドに集めた時は泣きそうになったよ。いいタイミングだった。初めて見た。こういうことを積極的にやって欲しかった。
昨日の試合、100点満点中200点をあげたいけど、パスボールが1回あったのでマイナス99点。キャッチャーフライをダイビングキャッチしたけど、取れなかったのでマイナス2点。
あれはキャッチャーの見せ場の一つなので取って欲しかった。
合計99点。
これは冗談として、『まだまだ成長していこうぜ』っていう私からのメッセージでした。


今日のタカト
午前練習
夕方: 素振り150回