読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

135.ナッピバースデーユメ

メイは昨日の早退を引きずって、今日は学校を休み。風邪でしょうか。電話した時は元気そうだったので明日は大丈夫でしょう。

 

タカトは膝の痛みが治まって、声まで元気になってます。『そろそろ練習再開するか?』って、聞いたら『木曜日から』との返事。

 

私よりタカトの方が冷静です。木曜日は膝の検診の日。痛みのなくなったタカトに先生はなんて言うでしょうか。

 

今日はユメの誕生日。15歳になりました。朝と晩に2回も電話をかけておめでとうを言いました。

 

f:id:nikumaru29:20161220221916j:image

 

毎年、この時期は出張に出ていて、今までユメの誕生日に何回家にいただろうか?ほとんどいなかったはず。

 

メイとタカトの誕生日の方が家にいることが多いような気がする。

 

今日、電話でナッピバースデーを歌ってやりました。スピーカーにしてたみたいでメイに茶化されました。

 

歌った後に『帰ったらチューしてやる』って、言ったら『なんでや』って、即答。いや、かぶせ気味に『なんでや』って言われてしまいました。

 

子供達には、小さい頃から『あまり早く大きくならんでええぞ』って、言い続けてきました。が、親の言うことを聞かず、早くも15歳になってしまいました。気がついたら中3の受験生に。

 

ユメが生まれた時、なぜか私の頭の中には『一姫二太郎』が描かれてました。勝手に思ってました。

 

結果、『一姫二姫三太郎』になりましたが。とにかく優しいお姉ちゃんになって欲しくて、優しさが芽ばえるようにと優芽と名付けました。それと、でっかい夢を持って欲しくて。

 

でっかい夢を持ってるかい?優しい子に育ってるかい?チチにもっと優しくしてもいいんだよ。