読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

169.嫁の関所

明日で徳島での仕事も終わりです。なので今日は打ち上げです。お客さんも交えて、この3週間の労をねぎらいました。

 

f:id:nikumaru29:20170125054712j:image

 

もつ鍋を食べてきました。安定の2杯を超えて3杯飲んできました。

 

その最中に、メイから動画が送られてきました。タカトの素振りの様子を撮した動画。

 

昨日、喝を入れたので、気合の入ったいい素振りをしていました。やればできるじゃないの。初めからやりましょう。

 

ここで安定の寝落ちです。やっぱりです。

 

野球をしていると、冬の時期は下半身強化などの基礎トレーニングが中心になります。地味でキツイ練習です。少年野球だろうと、中高大学、社会人、プロでも同じです。

 

このトレーニングを経て、ひと回りも、ふた回りも成長していきます。春からのシーズンの基礎になります。

 

タカトの場合、膝痛で運動の規制があるために、みんなと同じように走ることはできません。ドクターストップってやつです。

 

本人は、腫れも痛みもないのでやりたくて仕方ないといった感じです。私もやらせてあげたい。

 

ここで登場するのが、ラスボスの関所。高くてこわ〜い嫁の関所。医者がダメって言うことはダメだって。タカトと私の逸る気持ちにストップをかけてくれます。

 

もしここで嫁が『好きなだけやればいい』なんて言ったら、タカトの膝はとうの昔にパンクしていたかもしれません。

 

走ることは規制がかけられていますが、バッティングや素振りはOKが出ています。

 

なので、私とティーバッティングをする時は、下半身強化を兼ねたバッティング練習をしています。もっともっと下半身を使えないとね。

 

走れない分、ひとスイングひとスイングを大切にして欲しいのです。なので、昨日の動画が許せなかった。この想いが、喝を引き起こしたのです。

 

まだ小学3年生で、ある程度は仕方ないとは思っているのですが、野球のことになったらついつい熱くなってしまいますね。

 

 

今日のタカト

夕方:自主練習

        素振り200回