読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

191.ゴールデンエイジに突入

今日、家に電話をした時に、メイが『風邪治った?』って、聞いてきました。

 

風邪をひいてから6日が経ちました。ズルズルだった鼻水も、やっと治ってきました。

 

風邪は治ってきたのですが、毎日マスクをしているので、耳の付け根が切れてしまって痛い。

 

普段は全くマスクをしない私。花粉症でもないし。風邪でも引かないとしませんね。

 

この話をメイにしたら、『痛くならんマスクにしたら?』って、言われたのですが、すでに『耳が痛くなりにくい』と、書かれたものを使っています。

 

この話を聞いたメイは『じゃあ、顔がデカイんじゃね』だって。デカイですけど、何か?

 

先日のタカトの誕生日に買ったマスコットバット。今日、電話で話したらやっぱり重たいみたいで。まだ早かったかなぁ。でも、自主練習のモチベーションは上がってる感じです。

 

この誕生日でタカトは、ゴールデンエイジと言われる年齢に突入しました。一般的には9歳〜12歳があてはまるみたいです。

 

私がこのゴールデンエイジを知ったのは6年前。出張に行く途中のラジオで知りました。

 

6年前といえばユメが9歳で、ちょうどあてはまる年齢だったので、興味津々で聞きました。

 

この時、本当はユメにも何かスポーツをしてもらいたかったのですが、そろばんとピアノを習っていたユメには、スポーツっていう選択肢はなかったみたいです。

 

ならば、中学校に入ったら体育会系の部活をって願っていたのですが、ユメが選んだのは吹奏楽部でした。

 

正直『なんだよ〜運動部じゃあないのかよ〜』って思っていたのですが、顧問の先生が熱心で厳しくて、いい仲間とも出会えて、いつの間にか応援していました。

 

受験まで1ヶ月切ったのに、イマイチ受験勉強に身が入ってないようなユメ。

 

部活で学んだ努力と根性。いつ発揮するの?

 

今でしょ‼︎

 

古っ‼︎

 

 

今日のタカト

夕方:自主練習

        素振り200回