読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

204.鉄は熱いうちに鍛えよ

日曜日の練習後に、ブンブンコーチからタカトにサインの確認をしとくようにと言われました。練習で理解できてなかったみたいです。

 

その日、一緒に風呂に入ってサインの確認をしました。サインはちゃんと分かっていました。練習で出たサインはヒットエンドランって、分かっていました。

 

でも、やったことがないのでどうやるか分からなかったみたい。ランナーはスタートをして、バッターは打つ。ゴロを打つ。頭では分かっていても、体が動かなかったみたいです。

 

それを聞いた私は、『そんなんじゃあレギュラーなんて無理じゃ』から始まって、『同じ失敗は2度とするな』『自信がなかったらタイムをかけて聞く勇気を持て』『失敗しても下を向くな、誰よりも声を出せ』

 

などなどコンコンとウザい親父を出してしまいました。

 

『試合に出してもらっているけど、タカトはまだレギュラーじゃあないからな。今は監督に試されているところだ』って話をしました。

 

何でアピールするんか?って聞くと『打つこと』って即答。そこはブレてないのね。

 

そのためには、どうやったら素振りやティーバッティングのスイングを試合でできるようになるか、よく考えるように言いました。

 

この風呂でのことがあって、昨日のティーバッティングは気合の入ったいいスイングをしていました。

 

気合の入ってきたところで、今日は鳥取に出張です。1泊だけでなのに、この1日が惜しい。鉄は熱いうちに打っておきたかった。明日も熱いままだろうか?

 

今日、タカトはこうちゃんのママに足を見てもらう日。メイも一緒に行ったみたいで。いつもお世話になります。

 

先日、メイが中学生になったらバレー部に入るって言い出しました。

 

『じゃあ、体は柔らかい方がいいぞ』って言ったら、先週からタカトと一緒に体幹とストレッチを始めました。

 

もちろん私とのストレッチも始めました。メイは体が固いので、泣きながらのストレッチになりました。

 

タカトも毎日真面目にストレッチをしているので、始めた頃に比べるとかなり柔らかくなってきました。

 

メイも続けてできるでしょうか?

 

 

今日のタカト

夕方:こうちゃんと練習