読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

222.素振りの役割

昨日、ユメにタカトの素振りの動画を撮って送ってね、ってお願いしました。

 

先日、念願のスマホを手に入れたのでユメにお願いしました。

 

もう素振りは終わっている時間になっても、ユメから動画は送られて来ません。

 

なので、『動画まだ?』ってLINEしました。すると『あっ』と、ひと言だけ帰って来ました。

 

忘れてたのね〜。やっぱりメイに頼むべきだったか。

 

素振りには、スイングを固める意味があると思っています。変な癖がつけばそのままスイングが固まってしまう可能性も。

 

昨年、1ヶ月程出張に出て、帰ってタカトのスイングを見たら、ものすごく変わっていたことがありました。

 

いい方向の変わっていたらいいのですが、悪い方向を向いていました。楽してスイングしていました。

 

それ以来、出張に出ていても動画を送ってもらうようにして、たまにはスイングチェックをしています。

 

現在のチェックポイントは、下半身の使い方、下半身の意識、トップの位置といったところです。

 

全ては強い打球を打つための通過点です。強いスイング、早いスイングをする為に。

 

本当は体重移動のことや、手首の使い方などなど、教えてやりたい事がまだまだ沢山ありますが。

 

以前、言いたい事を一度に沢山言ったら、スイングがグチャグチャになった事があります。

 

だから今は、タカトがスイングしやすい範囲内で教えています。

 

これから学年が上がるにつれて、ひとつずつ克服していこうと思います。

 

と言うことで、ユメ明日はお願いしますよ。

 

明日は小学校の卒業式です。あのチビちゃんだったメイが卒業します。私は出張で行けませんが。

 

メイには今日の晩に電話で、『最後に楽しい思い出をひとつ増やしておいで』って、言っておきました。

 

メイ、6年間お疲れさま。明日が終わると次のステップが待ってるよん。

 

期待も不安もあるだろうけど、いつも通りでいいと思うよ。『やれるのか、おい』

 

 

今日のタカト

午前練習

夕方:素振り200回