読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

252.素振りは大切でしょ

今回の出張の客先に、20代半ばの青年がいます。入社2年目で勉強をしに来ていました。


中学校まで野球をやっていて、現在は草野球をしているそうです。野球をやってるって聞いただけで、印象が良くなるのは私だけでしょうか?


草野球ではピッチャーをしているみたいで、バッティングはイマイチとのこと。


なので私は『毎日素振りしろ』って言ったのですが、返ってきた答えが『素振りって意味ないですよね?』でした。ネットにも色々と書かれてるみたいです。


その時はスルーしました、ちょっと熱くなりそうだったのでスルーしましたが、ここで反論します。


まず、『素振りって意味ないですよね』って言っている人には意味がないと思います。


タカトは私が出張中で練習の付き合ってやれない時は、毎日200回くらい素振りをしています。


今はもう日課になっているので、何も言わなくても毎日やります。


素振りを始めた頃は、ただバットを振っているだけでした。これは意味がないと思います。『そんな素振りをするくらいなら、せんほうがマシじゃわ』ってよくタカトに言っていました。


まずはピッチャーを意識すること。ピッチャーをイメージできれば、試合と同じようなタイミングでの素振りになります。


スイングするコースも意識します。インコースアウトコース、真ん中、高め、低め。今では、打球の飛ぶ方向も意識するように言っています。


アウトコースはライトライナーを打つイメージで。実際にタカトがどこまで意識できているか分かりませんが。


他にも意識することはたくさんあります。トップの位置、軸足のタメ、バットを出す角度、軸足の回転、体重移動、フォロースルー、などなどたくさんあります。


小学4年生のタカトには全て意識することは出来ません。一度に全部やる必要はありません。全部やろうとしたらめちゃくちゃなスイングになると思います。


なので、どれか1つでいいから意識しなさいって言っています。1つ出来たらもう1つ。2つ出来たらもう1つ。


3つ目になったら1つ目を忘れてしまうことはよくあることですが。自分でポイントを決めて意識することが大切です。


だから、少しづつでいいので毎日やることが大切なんです。継続は力なりです。毎日チェックできればいいのですがね。


結論は、私の個人的な意見ですが、素振りはとても大切な練習の1つです。


今日のタカト
夕方:こうちゃん家で練習
素振り250回



にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村