読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

273.キャッチャーフライは優しく捕ろう

今日は山梨から三重に移動して、午後から完成検査の立会いでした。これでやっと広島に帰れます。早く帰ってタカトと練習だな。




先週の練習のひとコマです。シートノックの最後にタカトがキャッチャーフライを捕る直前の写真です。ただちゃんが送って来てくれた動画から。


昨日、キャッチャーフライのことを書いたので、思い出したかの様ですが。


体が伸びきってしまって、これじゃあ捕れなくて当たり前です。しかも目測も誤ってるしね。


この写真の時は捕りましたが、その前に2、3球落球したそうです。


タカトはボールを捕りに行っています。だから体が伸びきってしまう。ボールは必ず落ちてきます。落下点で待っているだけでいいのです。


何度言っても、どうしても捕りに行ってしまいます。気持ちに余裕が無いのね〜。


しかも、キャッチャーフライは、外野フライとは違うスピンがかかっているので、膝のクッションを使って、優しく捕るほうがいい。


捕りに行くとボールと衝突してしまうので、ボールを弾いてしまう。優しく捕るのがコツなのですが、まだ理解できていないようです。


落下点を予測してそこで待っていれば捕れるのですがね。これはキャッチャーフライだけではなくて、外野でも同じこと。


明日、帰ったら動画を見せて説明しようと思います。先日買ってきたホワイトボードも使ってね。


私は分かっているので簡単に言ってしまいますが、小学4年生のタカトに分かりやすく説明するのが難しい。


今まで何度か教えていますが、できていないと言うことは、私の説明が下手くそだってことですね。まだまだ勉強しないといけません。


今日の晩に嫁からLINEが。『今日、ひろちゃんの誕生日よ』ってLINEがきました。


ひろちゃん、24歳の誕生日おめでとう。って、サバ読みすぎか。女の人には何歳までおめでとうって言っていいのでしょうか?


みーくん、ちゃんとお祝いしたのかい?



今日のタカト
夕方:素振り200回




にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村