読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

280.山が動いた

今日は6時半頃に帰宅。帰宅するとつじはるが練習に来ていました。タカトと2人でバントの練習をしていました。


その後、ハルくんも練習に来たので『握力なんぼ?』って聞いてみました。38kgと37kgだって。


ユメと変わらないので、ちょっと笑ってしまいました。やっぱりユメが怪力なのか。みーくんはなんぼだい?


今日の夕食後に、日曜日の練習試合の反省会をしました。やっとできました。


反省会ができたのはいいのですが、3日前の事なのでタカトの記憶が曖昧になっていました。そんなことじゃあまた同じミスをしてしまうぞい。


小学4年生だから仕方ないのでしょうか。でも、こんなことじゃあキャッチャーなんてできねえぞ。


バッティングのことは、今日は言いませんでした。言いたかったけど、走塁と守備の話だけで遅くなってしまったので、今日は言えませんでした。


キャッチングの話の時に私が『キャッチャーミットがボロじゃけぇ捕れんのんか?』って聞くと、タカトは何か言いたそうな顔で、首を横に振りました。


私が30年以上前に使っていたミットは、ボロだし、変な型がついてしまっているので取りにくいのは事実です。


こんなに早くタカトがキャッチャーで試合に出る日が来るとは思っていなかったので、ちょっと焦っています。


新しいキャッチャーミットを買おうかな?って思っていました。でもきっかけがないので、8月の嫁の誕生日に少年用のキャッチャーミットをプレゼントしようかなって思っていたのです。もちろんサプライズでね。


嫁はキャッチャーミットをプレゼントされても使い道がないので、それはもちろんタカトのものになるはずって思っていたのですが。


今日は嫁の方から『キャッチャーミットってなんぼするん?』って聞いてきました。


山が動きはじめました。嫁というでっかい山が。我が家の大蔵大臣の嫁が聞いてきたということは、近いうちに我が家に新しいキャッチャーミットがやって来る日が来るかもしれません。



今日のタカト
夕方:ティーバッティング200球



にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村